特長・システム構成 | 輸送容器所在管理システム/LogiViewer(ロジビューア) | IoT Solution | トッパン・フォームズ株式会社

Products 製品情報

輸送容器所在管理システム/LogiViewer(ロジビューアー)

主な特長

LogiViewer(ロジビューアー)はRFIDを活用した輸送容器所在管理システムです。折りたたみコンテナやカゴ車、パレットなどの輸送容器にRFIDタグ(またはバーコード)を付けて、個々の所在を簡単に見える化できるアプリケーションソフトウエアです。
大切な資産を管理することで、偏在・滞留・紛失の防止にお役立ていただけます。
またRFIDタグにより管理対象物一つずつのライフサイクル管理も可能なため、品質管理の向上も実現可能です。

輸送容器所在管理システムLogiViewer(ロジビューア)イメージ図

LogiViewer(ロジビューア)とは

環境意識の高まりから、物流・流通業界では従来の段ボール(使い捨て)から、再利用できる輸送容器(折りたたみコンテナなど)への置き換えが進んでいます。トッパンフォームズでは、RFIDシステム開発で培った技術やノウハウを生かし、小規模な物流現場でも簡単に輸送容器の所在・状態管理が行えるLogiViewer(ロジビューア)を開発いたしました。

御社の資産を適切に管理する為に、LogiViewer(ロジビューア)をご活用ください。

輸送容器とは

折りたたみコンテナやカゴ車、パレットなど、物流や流通などで使用される容器のことを総称して、「輸送容器」と呼んでいます。
これら循環するものの所在場所などを管理し、偏在や紛失を防止することが大切です。

RFIDを使う利点

大変! バーコードは一個ずつしか読めません。
楽ちん♪ RFIDタグは一括読み取りできます。

従来のバーコードでは作業負荷が高くて不可能だった輸送容器の個別管理は、RFIDが持つ一括読み取り機能で可能になりました。またRFIDには長距離・タグの汚れ・タグが見えない状態でも読み取り可能な利点があります。

LogiViewer(ロジビューア)の特長

LogiViewer(ロジビューア)には大きく以下の特長があります。

所在情報や状態を可視化

個々の輸送容器に対し「何が」「どこにあるのか」を簡単に管理できます。
各拠点での偏在や貸し出し先での滞留・紛失の防止や削減ができます。

履歴情報の活用とライフサイクル管理

個々に所在情報や状態変更の履歴を保存でき、簡易的なトレーサビリティーを実現できます。
メンテナンス期間や使用可能期間の設定を行え、ライフサイクル管理にも活用できます。

蓄積データの活用

蓄積データから月ごとの在庫数や回転率を計算することで、滞留数の多い貸し出し先を抽出できます。
CSVファイルの出力機能もあるため、データの二次利用も簡単に行えます。

複数の業界標準規格に対応

モノ・製品:SGTIN-96、SGTIN-198、資産:GRAI-96 などに標準で対応しています。

システム構成

サーバー

LogiViewer(ロジビューアー)には専用のサーバー機が一台必要です。(クラウド、オンプレなどご希望に合わせた構成が可能です)このサーバー機にはWeb画面を提供するWebサーバー、輸送容器のデータを管理するデータベースサーバーが含まれます。

※クラウド環境をご希望の場合はご相談ください。

リーダー・ライター

ハンディー型RFIDリーダー・ライターは標準で2機種(デンソーウェーブ製RFIDリーダー・ライター SP1、トッパンフォームズ製小型RFIDリーダー NF-UHF-CB)に対応しています。据え置き型RFIDリーダー・ライターも利用できますが、据え置き型リーダー・ライターには制御用PCが一台必要です。

輸送容器所在管理システムロジビューア対応ハンディー型RFIDリーダー・ライター2機種

閲覧用デバイス

LogiViewer(ロジビューアー)の管理画面を見るためのデバイスが必要です。Webブラウザーで閲覧できます。

システム構成

画面イメージ

ハンディー型RFIDリーダー用アンドロイド端末画面

ハンディー型RFIDリーダー用アンドロイド端末画面(業務メニュー、状態登録、棚卸しなど)

閲覧用デバイス用Web画面

閲覧用デバイス用Web画面(所在・状態表示、資器材コード別詳細画面)