Products 製品情報

輸送容器所在管理システム/LogiViewer

LogiViewer導入例

LogiViewer導入例

折りコンの登録

新しい折りコンをシステムに登録し、『在庫』状態とします。

  • ①ICタグ貼付

    ICタグ貼付

    折りコンにICタグを貼付します。

    ※ICタグへのバーコードの印字はなくてもシステムの利用は可能ですが、万が一ICチップの故障・破損があった時のため、バーコードの印字を推奨しております。

  • ②ICタグ書き込み

    ICタグ書き込み

    折りコンに貼付したICタグに、ハンディーターミナルで折りコンIDを書き込みします。

  • ③「在庫」登録

    「在庫」登録

    ハンディーターミナル上で折りコンの所在情報を「在庫」に設定した後、折りコンに貼付されたタグを読み取り。
    折りコンIDと「在庫」状態を紐付けします。(折りコンの新規登録を兼ねます)

    ※複数の一括登録も可能です。

折りコンの出荷

折りコンへ製品などを入れ終わったら、所在情報を『行き先』に設定します。

  • ①荷積み

    荷積み

    折りコンに運ぶものを入れます。

  • ②「送り先」登録

    「送り先」登録

    ハンディーターミナル上で所在情報を「送り先」に設定。
    次に折りコンのICタグを読み込み、折りコンIDと「送り先」情報を紐付けします。

    ※複数の一括登録も可能です。

  • ③出荷

    出荷

    折りコンを送り先に配送します。
    LogiViewerにて、折りコンがそれぞれの送り先にあることを確認できます。

折りコンの返却

返却された折りコンを再び在庫状態にします。また、折りコンのライフサイクル管理も行えます。

  • ①返却

    返却

    事前に所在情報を「仮置き場」に設定したゲート・ハンディーターミナルで、返却された折りコンを読み取ります。
    読み取った折りコンは全て所在が「仮置き場」に紐付けられます。

  • ②「在庫」登録

    「在庫」登録

    折りコンの確認と整理が終わったら、次の利用に備え、「在庫」状態にします。

    ※複数の一括登録も可能です。

  • ③ライフサイクル管理

    ライフサイクル管理

    壊れた折りコンを利用停止にしたり、洗浄・修理期限が近付いた折りコンを探索します。

LogiViewerを導入するまでの流れ

①RFIDシステムの適用範囲を決める

いきなり全ての業務にRFIDを適用するのは、既存作業に大きな影響を及ぼすために難しいかもしれません。まずは、業務の一部分や、テスト的な運用から始めることもお勧めです。
LogiViewerは低価格、導入も簡単ですので、テスト利用にマッチしたシステムです。
実際に御社業務に当てはめることで費用対効果が可視化され、他業務・他拠点への展開を進める事ができます。

②検証施設、現場での動作確認

お客様の現場でRFIDが使えるのか、検証を行います。
トッパンフォームズには専用の検証施設(RFIDSTUDIO)があり、お客様の現場の負担を少なくすることができます。ただし、最終的にはお客様の現場での確認は必要となります。

③システム構築

RFIDシステムに求められる機能をまとめ(要件定義)、実際にシステム構築を行います。
また構築が完了したシステムは、ハードウエアと共にお客様現場へ設置、導入されます。

その他の関連製品はこちら