Solution ソリューション

工程管理

RFID導入によるメリット

  • 製造工程の進捗を管理し、より効率的な生産システムの構築を実現
  • 手書きの記入や目視のみの判断による人為ミスを削減

【1】材料管理

材料管理イメージ
【a】入庫処理
入庫時に材料にICタグを貼付します。タグのIDと材料の種類・保管場所情報を紐付けます。
【b】ロケーション管理
ロケーションの登録により持ち出したい材料の場所を検索することが可能です。ハンディのリーダーで読み取ると目視で判別しにくい材料も間違うことがありません。
【c】在庫管理
材料使用時にICタグをリーダーで読み取り、在庫量をリアルタイムで把握します。

【2】生産管理

生産管理イメージ

【3】物流センター

【a】作業指示
ICカンバンをリーダーで読み取り、製品ごとの作業指示をディスプレイに表示させます。
【b】工程進捗管理
工程が終わる毎にICカンバンをリーダで読み取り、進捗の管理を行います。リアルタイム管理により作業遅れなど早い段階で察知することができます。
【c】実績管理
作業開始、終了時に作業者用ICカードをかざすことにより作業時間と生産実績を正確に把握します。効率的な生産計画が可能です。

その他の関連製品はこちら