Case 導入事例

群馬大学重粒子線医学研究センター様/動態管理システム

事業内容

群馬大学重粒子線医学研究センター様は、世界で5番目、日本国内で3番目の施設として設立された重粒子線治療や研究を専門とした施設です。

※重粒子線治療:重粒子を体外から照射することで、体の深部にあるがんを殺傷する治療法。
メスを用いないため、入院期間も少なく患者への肉体的負担が大幅に軽減できる先進的な医療法です。

導入背景

放射線治療の領域で先導的な役割を果たしてきた群馬大学様は、さらなる高度医療提供のため、2005年に群馬大学重粒子線医学研究センターを設立しました。しかし、先進的な医療である重粒子線治療施設の導入及び維持には莫大なコストがかかり、その運営を安定化するため、スタッフの人件費削減と治療の効率化が必要でした。人件費削減や治療の効率化には、スタッフや患者の動線分析による最適化や、必要な機材・機器の適切な配置などを把握する必要がありました。
そこで群馬大学医学部附属病院様と共同で医療現場におけるRFID活用の研究が進められました。

お客様の要望

  • 医療スタッフの動線把握(位置情報・所要時間)により、適正な要員・配置の検討をしたい
  • 医療機器の動線把握(位置情報・使用回数)により、適正な数量・配置の検討をしたい

RFIDで人・物の流れをリアルタイムに把握

共同研究では実際に病棟のスタッフや機器にRFIDタグを装着、病室には読み取り用のアンテナを設置し、医療機器に悪影響を与えず、かつ、適切にデータを読み取れる条件を一つずつ検証しました。RFIDタグの種類、医療機器への影響、読み取り精度を総合的に検証し、その結果から最適な条件を導き出した上で、重粒子線医学研究センターへのRFIDシステム導入となりました。 本システムはセンターを17個のエリアに分け、21か所のチェックポイントにて約250名のスタッフと患者、約300点の医療器具がどのエリアをどのように移動したのかをリアルタイムに把握可能です。スタッフ・患者・機器に装着されたRFIDタグの読み取りには、各エリアの入口天井・床に設置された装置から電波を受信することで、自動的にタグが反応する方式を採用。通常の業務や治療の流れを止めることなく、自動的に確実かつリアルタイムなデータ収集をできるようになりました。

施設イメージ

施設イメージ

RFIDタグ取り付けイメージ

  • 人用RFIDタグ
    人用RFIDタグ

    (ストラップorプレート)

  • 治療器具へ取り付けたRFIDタグ
    治療器具へ取り付けたRFIDタグ

    防塵・防水対応(IP67相当)のRFIDタグを採用。洗剤や消毒液の洗浄にも耐えられ、衛生面への配慮が求められる医療現場でも問題なく運用可能。

導入効果

2010年より蓄積しているデータを分析し、スタッフ/患者/機器の動線データを正確に把握。そのデータを元に治療計画との比較や治療時間の傾向分析を行えるようになりました。
また、危険を伴う放射線管理区域内で治療を行う患者の位置情報もモニターで確認できる為、医療スタッフの対応を効率化する事ができました。

今後の予定

分析結果を元に今後も施設の運用効率化と最適化を推進する予定です。

その他

その他の関連製品はこちら