物流管理 | IoT Solution | トッパン・フォームズ株式会社

Solution ソリューション

物流管理

トッパンフォームズでは物流現場でのさまざまなシーンで出てくるお客さまの課題・お困り事の解決に最適な、IoT、RFIDソリューションを数多く展開しています。
物流では配送に使われる車両・商品・製品を運ぶ輸送容器(カゴ車、パレット、折りたたみコンテナなど)、商品・製品自体と、製造元からエンドユーザーに送られるそれぞれの段階で、管理対象やレベルに応じた最適な個体管理や所在管理が必要です。
またこれからの物流は市場規模がより大きくなる中で、人手不足への対応や一層の効率化など、優先すべき課題を多く抱えています。トッパンフォームズではこれまで培ってきたIoTやRFIDのノウハウで、お客さまの課題解決に努めてまいります。

物流でのRFID活用

RFIDは位置管理や個体管理を行いたい管理対象物に取り付けるRFIDタグと、それらのID情報を読み取るリーダー・ライター、ならびにIDなどのデータを管理・蓄積するコンピューターシステムから構成されます。RFIDは電波を使ってRFIDタグのID情報を読み取るため、バーコードやQRコードのように読み取り対象物が見えている必要はありません。このため誰でも簡単に読み取り作業を行えますので、省力化や作業品質の平準化が可能となります。しかし、RFIDタグは性能を発揮するために、管理対象物に合わせた選定が必須です。RFIDは電波を使うため、金属や水分の影響を受けてしまうことがあります。また、管理対象物の素材によってRFIDタグを取り付ける接着剤も適切な物を選ぶ必要があります。
トッパンフォームズではさまざまな対象に合わせたRFIDタグのラインアップをご用意しています。
物流の各段階や求められる管理対象にも、それぞれ最適なソリューションをご用意しています。

物流におけるRFIDソリューション例

RFID導入によるメリットイメージ
  • 製造元~倉庫~店舗のシームレスなデータ連携により、リアルタイムに物流を可視化
  • 入荷・出荷・棚卸しなどの作業量軽減や人為ミスの削減を実現

物流の各段階でのソリューションとRFID利用シーン

(1)製造元
  • 出荷管理
  • RFIDタグ発行
(2)物流センター
  • 入荷作業
  • 在庫・ロケーション管理
  • ピッキング作業
  • 納品ラベル発行
  • 出荷作業
(3)店舗・バックヤード
  • 入荷管理
  • 店舗間移動の返品管理
(4)温度管理物流
  • リアルタイム温度管理
  • 温度履歴情報の把握

以下にそれぞれの詳細をご紹介します。

(1)製造元

製造元では、商品・製品一つ一つや段ボールなどの梱包単位にRFIDタグの取り付けを行います。
これにより、従来のバーコードでは不可能だった、製品・商品の個別管理や、梱包単位である段ボールなどとのひも付けを行えます。
RFIDは電波でID情報の読み取りを行うため、段ボールに入ったままのRFIDタグの読み取りが行えます。ただし、より良い読み取りを実現するためには、事前の検証が必要です。トッパンフォームズでは実証実験も含めたソリューション提供を行っています。

RFIDタグの発行・貼り付けイメージ

製造元で用いるRFIDシステム

①RFIDタグ発行
製造指示データを元にRFIDタグを発行します。商品№や固有IDを印字すると同時にICチップ内にもデータを書き込みます。
②RFIDタグ取り付け
発行したRFIDタグを製品一つ一つに取り付けます。
③照合・梱包
製品に取り付けたRFIDタグを一括で読み取り、製造データと照合します。段ボールに梱包し、発行したRFIDタグを貼付します。
④出荷作業
段ボールに貼付したRFIDタグを出荷ゲートで読み取り、出荷処理を行います。仕分けの効率化や行き先の違う荷物の積み込みミス防止が可能です。

(2)物流センター

物流センターでは、製造元で製品や段ボールに貼り付けたRFIDタグの読み取りを行い、配送に関わる情報の管理を行います。
RFIDタグの読み取りを効率よく行うためには、現場環境や用途、読み取りに個数に合わせた適切なリーダー・ライターの選定が必要です。
トッパンフォームズでは多種多様なリーダー・ライターを用意し、さまざまな現場に最適な商品をご提供できます。

物流センターと店舗間でのRFID利用イメージ

物流センターで用いるRFIDシステム

①入荷作業
段ボールに貼付したRFIDタグをリーダー・ライターで読み取り、入荷処理を行います。
②在庫・ロケーション管理
ロケーション登録することによって何がどこにどれだけあるかを常に把握します。
場所の検索時間も短縮できます。
③ピッキング作業・納品ラベル発行
ピッキングした製品のRFIDタグを読み取り、出荷指示データと照合させながら段ボールへ梱包します。また、梱包物、出荷先情報などを書き込んだRFIDタグを発行し、段ボールに貼付します。
④出荷作業
段ボールに貼付したRFIDタグをリーダー・ライターで読み取り、出荷処理を行います。
仕分けの効率化や行き先の違う荷物の積み込みミスを防止します。

(3)店舗・バックヤード

店舗・バックヤードでの課題やRFIDの活用は、以下のページにまとめました。

小売アミューズメント:店舗(バックヤード)

(4)温度管理物流

食料品や医薬品には、定められた温度での配送・保管が求められているものが多くあります。このためリアルタイムでの温度監視や、温度の履歴を取得する仕組みが必要になります。このような厳密な温度管理には、温度センサー付きアクティブタグが最適です。

温度管理物流イメージ
(a)リアルタイム温度管理
リアルタイムに温度を把握できるので、輸送中・保管中でもすぐに異常を察知し、対応することが可能です。
(b)温度履歴情報の把握
取得した温度情報の履歴を閲覧できます。消費者や取引先に品質の保証と安心を届けることができます。

その他の関連製品はこちら