Solution ソリューション

物流管理

RFID導入によるメリット

  • 製造元~倉庫~店舗のシームレスなデータ連携により、リアルタイムに物流を可視化
  • 入荷・出荷・棚卸しなどの作業量軽減や人為ミスの削減を実現
RFID導入によるメリットイメージ
【1】製造元
  • 出荷管理
  • ICタグ発行
【2】物流センター
  • 入荷作業
  • 在庫・ロケーション管理
  • ピッキング作業
  • 納品ラベル発行
  • 出荷作業
【3】店舗・バックヤード
  • 入荷管理
  • 店舗間移動の返品管理
【4】温度管理物流
  • リアルタイム温度管理
  • 温度履歴情報の把握

【1】製造元

製造元イメージ
【a】ICタグ発行
製造指示データを元にICタグを発行します。商品№や固有IDを印字すると同時にICチップ内にもデータを書き込みます。
【b】ICタグ取り付け
発行したICタグを製品ひとつひとつに取り付けます。
【c】照合・梱包
製品に取り付けたICタグを一括で読み取り、製造データと照合します。段ボールに梱包し、発行したIC納品ラベルを貼付します。
【d】出荷作業
段ボールに貼付したICラベルを出荷ゲートで読み取り、出荷処理を行います。仕分けの効率化や行き先の違う荷物の積み込みミス防止が可能です。

【2】物流センター

【a】入荷作業
段ボールに貼付したICラベルを入荷ゲートで読み取り、入荷処理を行います。
【b】在庫・ロケーション管理
ロケーション登録することによって何がどこにどれだけあるかを常に把握します。
場所の検索時間も短縮できます。
【c】ピッキング作業
ピッキングした製品のICタグを読取り、出荷指示データと照合させながら段ボールへ梱包します。
【d】納品ラベル発行
梱包物、出荷先情報などを書き込んだICラベルを発行し、段ボールに貼付します。
【e】出荷作業
段ボールに貼付したICラベルを出荷ゲートで読み取り、出荷処理を行います。
仕分けの効率化や行き先の違う荷物の積み込みミスを防止します。

【3】店舗・バックヤード

小売りアミューズメント:店舗(バックヤード)

【4】温度管理物流

食品・医薬品など厳密な温度管理には、温湿度センサー付アクティブタグが最適です

温度管理物流イメージ
【a】リアルタイム温度管理
リアルタイムに温度を把握できるので、輸送中・保管中でもすぐに異常を察知し、対応することが可能です。
【b】温度履歴情報の把握
取得した温度情報の履歴を閲覧できます。消費者や取引先に品質の保証と安心を届けることができます。

その他の関連製品はこちら