Introduction 導入に向けて

トッパンフォームズの豊富な導入実績とRFIDタグ開発の技術力で
さまざまな角度からシームレスな導入をサポートします

RFIDタグの低コスト化や高機能化に伴い、今までは導入が難しかった用途や分野でも急速に導入が進んでいます。
RFID導入検討から本番運用まで、全体の流れとトッパンフォームズのサポート体制についてご紹介します。

1.要件定義

「トッパンフォームズ品質」のRFIDタグ

トッパンフォームズは、日本国内に開発研究所、RFID導入検証施設、工場を所有し、お客様のご要望に合わせ、RFIDタグの設計・開発・製造までトータルでご提供しています。 医療・金融・製造・公共など多くの業種のお客様に安心してご利用いただける「トッパンフォームズ品質」が、どのように生み出されているのか、その秘密を製造担当者に聞きました。

  • 製造担当者
  • 製造イメージ01
    製造イメージ02

2.テスト

要件定義の内容を元に、現場で簡易検証を行い、改めて実現性の確認や課題の抽出を行います。
実際の現場でのテストが容易にできない場合は、トッパンフォームズのRFID検証施設「RFIDSTUDIO」で事前検証も可能です。
RFIDSTUDIOはあらゆる業種を対象としたRFID検証施設になります。
お客様の現場環境を再現して運用検証、導入に向けたコンサルティングを行います。

RFID STUDIO(アールエフアイディスタジオ)とは

ハンディー型、卓上型、据え置き型などさまざまなRFIDリーダーやアンテナだけでなく、ベルトコンベアやゲートなどの設備を完備した検証用スペースです。お客様の利用環境を再現し、導入前の予備実験から各種検証にご活用いただけます。

RFID導入には必ず現場でのテストが必要になりますが、現場検証はお客様にご協力いただくため、業務に負担が出る場合があります。
RFIDSTUDIOにて事前検証を行えば、現場での実験時間を最少に押える事ができ、スムーズなRFIDシステム導入のお手伝いができます。

RFID導入検証施設「RFIDSTUDIO」

RFIDSTUDIOの構成

運用内容にあわせた読み取り検証エリアと電波暗室をご用意しております。検証内容及び検証場所は調整させていただきますので事前にご相談ください。
※電波暗室:電波暗室内外の電磁波の影響を受けないように設計された空間。外部へ電磁波の漏れも無く、周囲の電波環境に依存しない理想的な空間。

RFIDSTUDIOの構成

3.仕様確定

4.テスト運用

5.本番導入