• HOME
  • 非接触技術
  • RFIDとは?IC CARDとは?

非接触通信技術

RFIDとは?ICカードとは?

RFIDタグ(ICタグ・ICカード)の内部は、インレット(ICチップとそれに接続した様々な形状のアンテナ)により構成されます。ICチップは記憶部、電源整流部、送信部、受信部の4つに区分され、それぞれが働きを分担して通信を行っています。インレットはそのままの状態で使われる事はほとんどなく、使用用途、必要な耐環境性によってラベルに組み込んだり、樹脂成型されたりして利用されています。

 

IMAGEIMAGE

 

通信原理

RFIDタグ(ICカード、ICラベル)とリーダー・ライターのアンテナが電波によって通信し、データのやり取りを行います。

IMAGE

 

 

通信手順

・RFIDタグ内のアンテナがリーダー・ライターからの電波を受信。
・共振作用により起電力が発生。(電磁誘導など)
・RFIDタグ内のICチップが起動し、チップ内の情報を信号化する。
・RFIDタグ側のアンテナから信号を発信。
・リーダー・ライターのアンテナで送られてきた信号をキャッチ。
・コントローラーを介してPC(データ処理装置)へ。
・ソフト側で認識などのデータ処理を行う。

 

RFIDタグとバーコードの違い

自動認識技術の中でRFIDは「次世代のバーコード」と言われ、よくバーコードと比較されます。

 

RFIDのメリット

・データ容量が大きく、データの書き替えが可能。
・非接触で通信を行う為、汚れに強く、RFIDタグ自体が表面に出ている必要がない。
・アンチコリジョン(複数読み取り)が可能。
・さまざまな形状に加工可能 。
・選択する周波数によっては、指向性が広く、認識範囲が広い。

 

RFIDのデメリット

・金属や水、ノイズの影響を受けやすい。(金属対応タグもあります)
・バーコードと比べ、価格が高い。
・ICチップ自体への圧力に弱く、破損の可能性がある。

 

RFID(無線方式) バーコード(光学式)
一次元二次元
交信距離~7m ~数m ~数百mm
データ書き込み 可能 不可 不可
データ容量
アンチコリジョン 可能 不可 不可
指向性
汚れによる影響 なし あり あり
隠れていても読み取れる 表面に出ている必要あり
水分からの影響
金属からの影響
価格

 

※上記の内容は、各周波数、チップの性能、種類によって異なります。
また、交信距離は、リーダー・ライターの出力、アンテナ形状によっても大きく異なります。

ページトップへ戻る