• HOME
  • 非接触技術
  • UHF帯RFID周波数移行について

非接触通信技術

UHF帯RFID周波数移行について

電波法の改正により、2012年7月25日からUHF帯RFIDで使用できる周波数が、現行の950MHz帯から920MHz帯に変更されました。 現在使用中の950MHz帯は、2018年4月1日以降使用できなくなります。 (2018年4月1日以降、950MHz帯RFIDを使用していると電波法違反となります。)

IMAGE

今回の措置により、RFIDシステムの使用周波数拡大、携帯電話用周波数の確保など周波数の有効利用が図られることとなります。

※1 MCAとは複数の周波数を多数の利用者が使用可能な業務用無線通信方式の一つ。混信に強く無線従事者の資格が不要なため、陸上移動通信分野(バス運行業務、タクシーなど)で広く利用されています。

 

 

現行機器への影響

現行の機器(据え置き型/ハンディ型リーダー・ライター)は、2018年3月31日までの移行期間が設けられているため、 その間は利用できます。ただし、利用を継続するには移行期間内に920MHz帯に対応した機器に交換する必要があります。

 

現在ご使用中のICタグへの影響

現在のICタグ製品は920MHz帯でもそのままご利用いただける場合もありますが、通信距離が増減する場合があり、 920MHz帯に対応した機器での検証作業が必要です。

※総務省資料「電子タグシステムをお使いの皆様へ」リーフレット(2012年3月)より抜粋。

トッパンフォームズでは、RFIDシステム読み取り・運用検証センター「RFIDSTUDIO」 にてさまざまな検証のご要望にお応えいたします。

ページトップへ戻る