運用例紹介

ロジビューア導入例

運用フローイメージ

折りコンの登録

新しい折りコンをシステムに登録し、『在庫』状態とします。

  1. ICタグ貼付

    折りコンにICタグを貼付します。

    オリコンにICタグを貼付

    ※ICタグへのバーコードの印字はなくてもシステムの利用は可能ですが、
      万が一ICチップの故障・破損があった時のため、バーコードの印字を推奨しております。

  2. ICタグ書き込みICタグへのID書込み

    折りコンに貼付したICタグに、ハンディーターミナルで折りコンIDを書き込みします。

  3. 「在庫」登録「在庫」登録

    ハンディーターミナル上で折りコンの所在情報を「在庫」に設定した後、折りコンに貼付されたタグを読み取り。
    折りコンIDと「在庫」状態を紐付けします。(折りコンの新規登録を兼ねます)

    ※複数の一括登録も可能です。

折りコンの出荷

折りコンへ製品などを入れ終わったら、所在情報を『行き先』に設定します。

  1. 荷積み

    折りコンに運ぶものを入れます。

  2. 「送り先」登録荷積み

    ハンディーターミナル上で所在情報を「送り先」に設定。
    次に折りコンのICタグを読み込み、折りコンIDと「送り先」情報を紐付けします。

    ※複数の一括登録も可能です。

  3. 出荷

    折りコンを送り先に配送します。

    送り先に配送

    矢印ロジビューアにて、折りコンがそれぞれの送り先にあることを確認できます。

    折りコンの状態確認

折りコンの返却

返却された折りコンを再び在庫状態にします。また、折りコンのライフサイクル管理も行えます。

  1. 返却

    事前に所在情報を「仮置き場」に設定したゲート・ハンディーターミナルで、返却された折りコンを読み取ります。
    読み取った折りコンは全て所在が「仮置き場」に紐付けられます。

    折りコンの返却
  2. 「在庫」登録

    折りコンの確認と整理が終わったら、次の利用に備え、「在庫」状態にします。

    在庫登録

    ※複数の一括登録も可能です。

  3. ライフサイクル管理

    壊れた折りコンを利用停止にしたり、洗浄・修理期限が近付いた折りコンを探索します。

    • 壊れたとき
      廃棄登録
    • 洗浄・修理期間が近づいたとき
      メンテナンス