導入までのステップ

ロジビューアを導入するまでの流れ

  1. RFIDシステムの適用範囲を決める
    • いきなり全ての業務にRFIDを適用するのは、既存作業に大きな影響を及ぼすために難しいかもしれません。まずは、業務の一部分や、テスト的な運用から始めることもお勧めです。
      ロジビューアは低価格、導入も簡単ですので、テスト利用にマッチしたシステムです。
      実際に御社業務に当てはめることで費用対効果が可視化され、他業務・他拠点への展開を進める事ができます。
  2. 検証施設、現場での動作確認
    • お客様の現場でRFIDが使えるのか、検証を行います。
      トッパンフォームズには専用の検証施設(RFIDSTUDIO)があり、お客様の現場の負担を少なくすることができます。ただし、最終的にはお客様の現場での確認は必要となります。
  3. システム構築
    • RFIDシステムに求められる機能をまとめ(要件定義)、実際にシステム構築を行います。
      また構築が完了したシステムは、ハードウエアと共にお客様現場へ設置、導入されます。

ロジビューアによるRFIDシステムの構築例

RFIDSTUDIOについてはこちら