• HOME
  • 製品・サービス
  • フェリカカードとモバイルフェリカの違い

FeliCaカードとモバイルFeliCaの違い

 

「FeliCaカード」は、1枚のカードに複数のサービスを持たせることができます。そのため、1枚のカードを社員証から入退室の鍵、電子マネー、PCログインといったさまざまな用途に用いることができるのです。

こうした特長を持つFeliCa 技術を、携帯端末に搭載したのが「モバイルFeliCa」です。サイフやポケットの中身のように、その人の生活に必要なものを入れて、いつも持ち歩けるようになるので、日常生活がよりいっそう便利に、シンプルになります。

 

サービスの違い

 

また、移動通信でのネットワーク接続機能を併せて利用することにより、電子チケットなど各種コンテンツのダウンロードや、電子マネーのオンラインチャージ、サービス情報などもメールで受け取ることができるので、バーチャル(電子マネー、電子チケット)とリアル(PC、携帯電話)の連携など従来にない新しいサービスを実現することが可能です。

※パソリ(PaSoRi)はソニー株式会社の登録商標です。

発行手続きの違い

 

FeliCaカードは、発行の際にどんなサービスを入れるかを決めてから、カードを発行します。

モバイルFeliCa の場合は、携帯アプリ自体にFeliCa 発行スクリプトを埋め込んで開発を行います。利用者はその携帯アプリをダウンロードし「リモート発行」を行うことで、FeliCa を使用することができるようになります。リモート発行とは、ダウンロードした携帯アプリを実行することにより、フェリカネットワークスからモバイルFeliCa IC チップの共通領域上に、アプリケーションと初期データをオンラインで登録するサービスのことです。

 

ページトップへ戻る