• HOME
  • 製品・サービス
  • フェリカとは

フェリカのすべて

非接触IC カード FeliCa 技術
FeliCa 技術は、ICカードのライフサイクルをカードの発券からパーソナライズ、日々の運用、またアプリケーション開発に至るまで、トータルにサポートします。 FeliCa カードは、信頼性と高いパフォーマンスの要求される世界の大型案件において、非接触方式に適した技術を採用することで、その厳しい要求に応えてきました。また、非接触IC カードとしては世界で初めて、セキュリティー評価基準の国際標準であるISO / IEC 15408 EAL4 の認定を受けました(RC-S860)。ここでは、FeliCa技術の概要についてご紹介します。

※「FeliCa」はソニー株式会社の登録商標です

原理

ICカードの通信原理リーダー・ライターとカードの間の通信は、リーダー・ライターから発信される電磁波によって行われます。

通信は、13.56MHzの周波数帯を利用し、212kbpsの速度で行われます。副搬送波を使用しない「対称通信」が特長です。

※ 出典:ソニー株式会社FeliCaサイトより

非接触方式に適した技術方式

FeliCa カードには、非接触方式に適した技術が採用されています。 Manchester 方式による符号化は、ノイズや距離の変動に対して安定であるという特長があります。

タイムスロット方式による衝突検出/回避は、他方式に比較してトランザクション回数が少なく、処理全体の高速化に貢献しています。FeliCa 技術の対称通信では、副搬送波を使用しないため、不要放射が小さく、また、通信速度も理論的に847 kbps以上が可能です。

 

主な仕様
搬送波 13.56 MHz
副搬送波 なし
変調方式 ASK 10%
符号化方式 Manchester
通信速度 212 kbps (Fc/64)
衝突検出/回避 タイムスロット

 

高速処理

高速処理の仕組み。カードの検出・相互認証・データ読み書きを0.1秒でおこないます。独自の効率的な相互認証方式と、非接触の利用形態に適した通信方式によって、リーダー・ライターとカードの間の処理は、暗号処理を含めて約0.1秒以内で終了します。

※ 出典:ソニー株式会社FeliCaサイトより

マルチアプリケーション

フェリカカードは一枚でた用途に使えるマルチアプリケーションが大きな特徴です。
FeliCa カードは、一枚のカードの中で多目的のデータを管理することができます。各々のデータには個別のアクセス権を設定することが可能で、これによってアプリケーション間の安全な相互運用が実現されています。

アンチブロークン・トランザクション

FeliCa カードは、8ブロックまでの同時アクセスをサポートしています(1ブロック=16バイト)。非接触の利用形態においては、カード内で処理が完了しないうちにICカードがリーダー・ライターの電力供給範囲の外に出てしまった場合、処理未了が発生する恐れがあります。このようなときにも、FeliCa カードならばカード内で自動的にデータを元の状態に戻し、データの不整合を防ぎます

セキュリティー

フェリカカードの高い信頼性相互認証と通信データの暗号化においては、オープンスタンダードなセキュリティーアルゴリズムを採用し、信頼性の高いセキュリティーを実現しています。また、通信データの暗号鍵は相互認証ごとに新しく生成され、成りすましを防いでいます。

このような通信時のセキュリティーに加えて、カード発行時には発行者とカード製造会社との間で発行情報と鍵変更情報を暗号化した状態で安全に受け渡す独自の仕組みを提供しています。また、カード出荷時には「出荷鍵」を設定することにより、カード輸送から発行までの安全性を確保しています。


ページトップへ戻る